プライベートケアコーディネート

   
行政書士浅井事務所の浅井です。突然ですが皆様には顧問弁護士がいらっしゃいますか?行政書士も同じく問題解決の法務パートナーです。どこに相談したらいいのかわからない方、まずはお電話で、お気兼ねなく相談してください。
相続が発生すると昨日までは考えもしなかった色々な手続をしないといけません。これらの手続は「あらかじめ練習して慣れておく」ということはできません。専門家の力を少しだけ借りることで手続に関わるストレスを軽減できます。
行政書士は、行政書士法第1条の2により「権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする」とされております。つまり、業務としてお客様の書類(契約書、内容証明書)作成を行うことを、法律が保証してくれているのです。
障がい福祉サービスとは、身体や精神に障がいのある方や特定の疾患のある方が地域のなかで生活を続けていけるよう支援するサービスのことです。自宅や施設での介護や自立訓練などのサービスを、原則として利用料金の1割負担で受けることができます。
    
     
              
起業支援・会社設立(サービス一覧)

法務顧問コンサルタント(サービス一覧)

障害・福祉事務所支援(サービス一覧)

建設業許可・経営事項審査(サービス一覧)

ページトップへ