建設業許可・経営事項審査

   
入札参加資格申請とは、国、都道府県、市町村、官公庁が発注する工事の請負業者を入札で選ぶ場合、業者に資格があるかどうかを審査することです。建設工事の規模及び内容に応じた技術水準を有する建設業者を選定して建設工事を発注する必要があります。
注意 許可満了日が過ぎてしまうと許可は失効します。失効した場合は、許可が必要な場合、新規申請となりますので、許可番号も別のものに切り替わりますので、許可満了日には特に注意が必要です。
経営事項審査を受けているとは「経営規模等評価」及び「経営状況分析」を受けていることをいいます。「総合評定値」の請求は任意になりますが発注機関のほとんどが入札参加資格審査申請時に総合評定値の取得を義務づけています。
建設業の許可について、建設業とは土木建築に関する29業種の建設工事の完成を請け負う営業をいいます。この営業を行う者は、建設業法(以下「法」という。)により一定の基準に適合した内容を備えていることが必要です。
    
     
              
プライベートケアコーディネート(サービス一覧)
起業支援・会社設立(サービス一覧)
法務顧問コンサルタント(サービス一覧)
障害・福祉事務所支援(サービス一覧)
ページトップへ