障害・福祉事務所支援

   
補助金・給付金については、各省庁や自治体ごとに様々なものがございます。毎年新しいものも公表されたりしますので、定期的に情報収集を行うとよいでしょう。行政書士浅井事務所では創業融資についてお伝えしております。
障害福祉サービス事業においてはサービスごとに様々な加算・減算がございます。加算・減算についてきちんと把握をしていないと加算の届け出をしていなかったり、減算しなくてはいけないところを減算せずに請求、過誤申立てが必要になります。
障害者総合支援法に基づくサービス事業、児童福祉法における児童施設、介護保険法基づく介護事業所の指定など許認可の手続きを行っております。その中でも主に、障害者総合支援法に基づくサービス事業の指定申請に特化しております。
障がい福祉サービス事業者等の指定申請について、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に規定する障害福祉サービスを提供する事業者・施設は、サービスの種類および事業所ごとに、指定を受ける必要があります。
指定居宅サービス事業者、指定居宅介護支援事業者、指定介護老人 福祉施設、指定介護療養型医療施設が都道府県知事から指定をうけ るために必要な要件。それぞれの指定基準については、平成11年3月 31日に厚生省令として発令された。
障害者総合支援法の施行に伴い障害福祉サービスは障害の種別にかかわらず必要なサービスを利用できるよう、サービス利用の仕組みが一元化されました。支給の決定を受けると利用者はサービス事業所を選択し利用に関する契約を事業所と結びます。
障害者の地域生活と就労を進め自立を支援する観点から、障害者基本法の基本的理念にのっとりこれまで障害種別ごとに異なる法律に基づいて自立支援の観点から提供されてきた福祉サービス、公費負担医療等について共通の制度の下で一元的に提供する。
    
     
              
プライベートケアコーディネート(サービス一覧)

起業支援・会社設立(サービス一覧)
法務顧問コンサルタント(サービス一覧)

建設業許可・経営事項審査(サービス一覧)

ページトップへ